投稿

12月, 2019の投稿を表示しています

何かをできるようになるために必要なのは「できるようになりたい」と思うこと

今日はね、
何かをできるようになるためには そのことをできるようになりたいと思うことが何よりも一番必要なんだ、
っていう話なんですけれど。


もうタイトルで全部言ってしまってるんですけれども、まあ読んでいってください。




例えばの話、東大に行きたいって思ってないやつは東大にはいけないわけですよね。


行きたいと思って努力をして、その結果合格するわけで。

行きたくもないのに努力をするっていうのは、
これはかなりの無理難題だと思います。


なんか教育害悪ママみたいなのがいますけれども、「勉強しろ勉強しろ」って言っても本人がやりたいと思ってなかったら結局はやらないわけですよ。




ちょっとこの例えが合っているのかわからないんですけれども、
栄養学をやってる友達に聞いた話で、

いかに栄養のあるものを食べても、「まずいなあ」って思いながら食べたらうまく栄養が吸収されないらしくって。


勉強も同じなんじゃないかなって思います。


いかにすごい先生とか、すごい参考書とかで勉強してても、
自分ができるようになりたいって思ってないとできるようにはならないだろうって、
まあ僕なんかは思ってるんですね。


人によっては、「もう親とか先生とかの言うがままにやってたらできるようになってた」みたいなそういう人もたまにはいますよ。



その人は多分才能があるんですね。

「やってたらできちゃう」みたいな。

「やりたいとかやりたくないとかじゃなくて、やればできるだろ」みたいな。

そういう感じなんだと思うんですけれども。




ただね、いくら才能とか素質とかのある人でも伸び悩む時期っていうのがどうしてもやってきますよね。


なんか「今までと同じようにやってるのに今までと同じようには結果が出ないっていう時期」っていうのが必ずやってきますよね。


そういう、「え、全然ダメやん。全然伸びないやん」っていう時期に、

「いやもっと頑張ろう」って立ち直らせてくれるものっていうのは、

やっぱり「それでもやりたいから」だと思うんです。


もちろんその勉強をすること自体が目標じゃなくて「いい大学に入りたい」とか、
「いい大学に入ってモテたい」とか 、
「いい大学に入ったらいい仕事つける」とか、

まあモチベーションは人それぞれなんですけれども、とにかくモチベーションがあるからこそ頑張るわけですよね。





結局何が言いたいかって言うと、

才能も努力も必要なんです…