投稿

3月, 2019の投稿を表示しています

欠点を魅力にすりかえる。「人生は演劇だ」その2

ずいぶん前に書いた記事で「人生は演劇」みたいな話をしたんですけれども、
生きるのが難しい人にオススメ!「人生は演劇だ」

それが結構好評でたくさんのアクセスが集まっているので、ちょっと続編って言うか、

まあ本質的には違う話ではあるんですけれど、
ちょっと似たような話をもう一個しておこうと思って、
記事を作ってみようかなあなんて思ったりて今書いてるわけなんですよね。




その記事を書いたあとで思ったことは、
「人間の性格っていいとか悪いとかでスパッと割り切れるものでもないなー」ということなんです。


それは前から常々思っていたことではあるんですけれど、

例えばの話、「優柔不断なところが悪い」って言うのか、
「慎重なところがいい」って言うのか、


それって現象としては同じものを見てるのに受ける印象が違うんですね。
好印象にも悪印象にもなる。



まあ同じような話で、
「明るくていい」って思われるのか、
「うるさいやつ」と思われるのかっていうのは
けっこうそのデリケートな線引きと言うか、
際どいラインを攻めないといけない些細な違いしかないっていうところはありますよね。


そこでやっぱり人によって、「同じことを言っていてもなぜか好意的に解釈してもらえる人」っていうのがいるなって思って。

欠点と魅力ってものすごくすれすれの境目でかわってしまうんですよね。




要するに、同じこと言ってるのに良い印象になる人と悪い印象になる人がいて、それと演劇の話をちょっと絡めてやっていこうかなぁなんて思ってるわけです。





なぜか好意的に解釈してもらえる人の特徴はいくつかありますが、代表的なものを紹介しておきます。

もうあれですよ。皆さんお待ちかねの。
こんなこと言ったら身も蓋もないんですけれども、「見た目がかっこいい」とかですよ。



そういうところはちょっとありますよね。
絶対否定できない部分はあると思います。

前にハロー効果の話もちょっとしたんですけれども、
バイアスってなんだ!?~ド素人の僕と学ぶ心理学~


ハロー効果というのは「見た目がいい」みたいな一つの好印象で他の部分もいいような気がしてしまうっていうことです。

まあ顔がかっこいいとかはすごい分かりやすいですし、あとは何か凄い学歴があるとか、親がすげえ人とか。

そういう権威的なものっていうのがあることで同じこと言ってても説得力が増すとか、そういうことは学術的にも論じら…