投稿

境界が溶けゆく激動の世の中で大切な力について

最近あらゆるものの境界が溶けてきていると感じています。 何か具体的な線じゃなくて人生一般の話なんですけど、ちょっと聞いてください。



《人生のフェーズを区切る意味はあるのか?》
20年30年前だったら 人生の中で「勉強する時期」、「仕事をする時期」、「老後を楽しむ時期」、みたいな感じで人生の中で区割りがはっきりとあったと思うんですけど、今ってその境界がどんどん溶けてきてますよね。

学生だってもちろんアルバイトしながら学校行ったりするし、社会人でも仕事しながら勉強してるし、どっちがどっちである必要っていうのはあんまりなくて、 何て言うのか、肩書きが何であってもいろんなことができますし、むしろどっちもがどっちもやらないといけないみたいな、そういった側面は間違いなく出てきています。
ついでに言えば定年制度もなくなるみたいな議論が最近されてますけれども、 老後を楽しむみたいなゆとりのある時間っていうのはそんな多くはなくて、 勉強と仕事と趣味っていうところの境界がどんどんなくなってきてるなっていう思いはあるんですね。

だから人工的に境界を作る意味もそんなにないなっていう気はしてて。 極端な話、例えば3月31日と4月1日で自分の中で何かが変わったわけでもないのに、ここまでは学生です、ここからは社会人ですって分ける必要性ってあまりなくて、 自分が変わりたいって思ったタイミングで変わったらそれでいいんじゃないのかなという思いは自分の中にあるんですよね。




《結局自分は何者なのか》
だから、肩書きがどうこうじゃなくて、「自分はこういう人間です」っていう個々人のアイデンティティっていうのが今後はますます求められていくようになっていきます。

「自分はこの会社の人間です」とか、「この学校の人間です」っていうことしか喋ることがないっていう人は今後生きにくくなっていくんじゃないかなって思って。


これは大いに自戒の意味を込めて書いているんですけれど、自分自身もそういった不安をすごく感じてて、いわゆる所属っていうのを欲しがってしまうんです
浪人してるときなんかは学校も行ってないし就職もしてないし、肩書きみたいなものが無くなるのでなんとも言えないフワフワ感がありました。
けれども所属に頼って、それしか誇れるとこがないっていうのは、これから生きていく上ですごい重荷になるんじゃないかっていう予感がありますし、 人…

社会を知る近道は中学公民を学びなおすことだ

報告です! 大人こそ知っておきたい中学公民学び直し(https://www.otonakouminn.com/)というサイトを作りました!
何の前置きもなく突然この話始まってしまったんですけど、最近、中学生の公民を解説するサイトを作っていまして、
何をやっているのかというと公民を解説するサイト作っているっていうくらいのことしか言えないんですけれど。


《いったい何のために?》
なぜそんなことをやっているのかというと、結論から言えば「もっとちゃんと勉強したい」とか「改めて考えると勉強たのしいよね」っていう大人のために作っています。
大人が中学の公民を学び直すっていう時に見てほしいなみたいなサイトではあるんですね。

僕は大学で公共政策を専攻しているんですけれども、その公共政策の勉強をしてるうちに「民主主義が・・・」とか「公平な社会は・・・」とか経済的なこととか「需要と供給が・・・」みたいなこととかを勉強するんですね。

なんかそれって冷静に考えたら「結局全部公民の教科書に載ってたな」って思って、それ全部中学でやるやん!みたいな感じで思って。
だから逆に考えればこの中学レベルの公民をみんながきっちり理解すれば、社会科学専攻の大学生と同じくらいの知識が誰でも得られるんじゃないかなって思った次第で。 じゃあやればいいやんと思ってこうやってサイトを作り始めたわけなんです。




《公民って面白くないよね・・・》
ただそうは言っても、自分が中学の時とかのことを考えてみると、公民って「おもんない教科ランキング」の結構上位を占めるみたいな感じがあるっていうか、あまり好かれがちな教科とは言えないですよね。

まあ僕がそうだったんですけれど。 基本的に楽しい時間では無かったような記憶がある人も多いはず。
でも一度理解した上でもう一度やってみると案外面白いなと思っています。
何て言うんですかね、この喩えが合ってるかはわからないですけれど、RPGで「2週目からが本番」みたいな、「強くてニューゲームです」みたいな状態に今なっているんですよ。 強くてニューゲームめっちゃ楽しい!みたいな。

特に大人の場合、自分が今までに経験してきたこととか、自分の仕事に関連することとかと絡めながら理論を読み取ることができるので、更に勉強しやすいですし、楽しさも中学時代とは全く変わってきます。

この楽しさを世の中に伝えないといけ…

「出席点」は無駄の極み!制度に飼いならされるな!

イメージ
こんにちは、こんばんは。 思春期おじさんです。
大学に行っていて「何なんだこれは」と思ったことを書いていきます。 「大学のレジャーランド化」なんて言われて久しいように、現代の大学は就職の為の通過点という感があるのは事実です。 大学でいかに学ぶかよりも、いかに楽をして学位を取るかが多くの大学生の関心事となっています。
発足当時の理念とはかけ離れたことになっていますが、どうしてこうなったのでしょうか? 考えていきましょう。



《大学は学問の場》
大学は本来学術研究の場です。 学問の発展を通して社会をよりよくしていく為の組織です。
そのためには学生が学問に励み、先進的な知識・技能・理論を身に付けていく必要があります。
ですが、先生も学生も一人一人がそれほど優れた人間であることはありません。 ともすれば怠けてしまいますし、いつでも学問に集中できる訳ではありません。 我流で勉強して非効率になることもしばしばです。
そこで制度が必要になります。 効率よく勉強していく為に学問知識を体系化して、それをカリキュラムとすることで効率よく勉強できるようになります。




《出席点制度も根は同じ》
効率よく組まれたカリキュラムをこなしていくには授業に出席することが必要になります。 しかし学生も遊びたい時期。 何かとサボってしまいたいと思います。 そこで授業に出席することで点数を加算するというルールを作ります。 これによって学生は他にやりたいことがあっても授業に出席するようになります。





《その結果として何が起こったか》
大学に行ったことのある人ならわかると思います。 「やる気はないけど取り敢えず来ました」、みたいな学生が大量発生したのです。
具体的に説明します。
多くの学生は授業に興味がありません。 (そもそもここが歪んでいる!!!) でも単位は欲しい。そのために出席点が欲しいので取り敢えず出席はします。 出席したら興味が湧くかというとそうでもなく、暇を持て余します。 なので、授業中にゲームをしたり、居眠りをしたりします。 当然学問的な成長はしていません。 でも出席点による加算があるのでなんとか単位要件はクリアできます。
このような流れで大して何の知識も身に付いていないのに進級できる学生が大量発生します。




《おかしいと思わないのか!》
どう考えても非効率ですよね。
学生だって教室で寝るくらいなら家のベッドで…

教育ママの根本的な勘違い。受験は楽しむものだ

イメージ
こんにちは、こんばんは。 思春期おじさんです。
塾の生徒の保護者さんなんかにも、たまに御熱心な方がいて、 「うちの子は全然勉強しません」 「言っても聞きません」 「先生はどんなふうに勉強しました?」 「どうしたら勉強の習慣がつくでしょう」 「我慢が足りないと思うんです」
みたいなことを相談されたりもするんですね。
僕は一応会社のことも考えて 「まずは机に向かう習慣をつけることが大切です」 「塾の自習室も使っていきましょう」 「補習向けの講座もありますよ」 とか無難に答えているんですけど、
こういうことは本質じゃないなと内心は思っています。 ズレた回答をしている、きっとこれでは解決しないと思いつつも無難なことを言ってしまいます。 一応会社の利益も考えないといけないですし。
本当に自分が思っていることを言うためには人の作った組織にいてはいけないですし、自分が組織を作るくらいでないといけないなと思いますが、まずは第一段階としてインターネットで言っておこうと思って記事にしています。 バレたらバレたでその時はその時かな、なんて考えてもいますが笑 まあクビにはならないでしょう!





《幼い子に時間的展望は無い》
こういうタイプのママさんは大抵、お子さんの将来の為に今頑張ってほしいと思っています。 10代の内に頑張って勉強して、いい大学に入って、いい会社に入って・・・ というレールに乗せる為に頑張って塾の授業料を払ってくれるのです。
でも、当の本人にはその必死さは伝わりません。
因みに時間的展望とは Lewinという学者によれば「ある一定時点における個人の心理学的過 去,および未来についての見解の総体」と定義されています。
すこし噛み砕いていうと、今の自分が想定できる過去や未来の自分の姿という感じです。 今の努力は将来の自分にどのような影響をあたえるのかということがしっかりと考えられる人は時間的展望があると言えます。

そして、一般的に時間的展望は幼い子ほど持っていないと言われています。 これはまあ感覚的にもそうですよね。 小さい子は「今これがやりたい!!」という気持ちが強すぎて「後で困るよなあ」ということがわからなかったりします。
何なら大人だって時間的展望が無い人がいますよね。 絶対に明日困るってわかっているのに深酒して二日酔いになったり・・・
何が言いたいのかというと、時間的展望の…