教育ママの根本的な勘違い。受験は楽しむものだ





こんにちは、こんばんは。
思春期おじさんです。

塾の生徒の保護者さんなんかにも、たまに御熱心な方がいて、
「うちの子は全然勉強しません」
「言っても聞きません」
「先生はどんなふうに勉強しました?」
「どうしたら勉強の習慣がつくでしょう」
「我慢が足りないと思うんです」

みたいなことを相談されたりもするんですね。

僕は一応会社のことも考えて
「まずは机に向かう習慣をつけることが大切です」
「塾の自習室も使っていきましょう」
「補習向けの講座もありますよ」
とか無難に答えているんですけど、

こういうことは本質じゃないなと内心は思っています。
ズレた回答をしている、きっとこれでは解決しないと思いつつも無難なことを言ってしまいます。
一応会社の利益も考えないといけないですし。

本当に自分が思っていることを言うためには人の作った組織にいてはいけないですし、自分が組織を作るくらいでないといけないなと思いますが、まずは第一段階としてインターネットで言っておこうと思って記事にしています。
バレたらバレたでその時はその時かな、なんて考えてもいますが笑
まあクビにはならないでしょう!






《幼い子に時間的展望は無い》

こういうタイプのママさんは大抵、お子さんの将来の為に今頑張ってほしいと思っています。
10代の内に頑張って勉強して、いい大学に入って、いい会社に入って・・・
というレールに乗せる為に頑張って塾の塾の授業料を払ってくれるのです。

でも、当の本人にはその必死さは伝わりません。

因みに時間的展望とは Lewinという学者によれば「ある一定時点における個人の心理学的過
去,および未来についての見解の総体」と定義されています。

すこし噛み砕いていうと、今の自分が想定できる過去や未来の自分の姿という感じです。
今の努力は将来の自分にどのような影響をあたえるのかということがしっかりと考えられる人は時間的展望があると言えます。


そして、一般的に時間的展望は幼い子ほど持っていないと言われています。
これはまあ感覚的にもそうですよね。
小さい子は「今これがやりたい!!」という気持ちが強すぎて「後で困るよなあ」ということがわからなかったりします。

何なら大人だって時間的展望が無い人がいますよね。
絶対に明日困るってわかっているのに深酒して二日酔いになったり・・・

何が言いたいのかというと、時間的展望の弱い子供に「今頑張ったら後で楽ができる」という話は全く刺さらないということです。
だって将来のことなんかわからないですからね。
将来の為に、と話はママさんが思っている程の重みでは伝わりません。








《そもそも後で楽もできない》

そもそもの問題として、高学歴になれば偉くなれるし幸せになれるという前提自体がおかしいですね。

勉強嫌いな子が色んな事を我慢して勉強して上位の学校に入っても何の意味も無いです。

中学生の保護者さんから問い合わせがあることが多いので中学生を例に考えます。

高校入試の勉強を物凄く頑張って上位の高校に入ったとします。
例えば京都だったら堀川高校ですかね。公立で一番難しいと思います。

仮に堀川高校に合格したとします。
堀川高校には京都市内の各中学のトップ3くらいの同級生が集まっています。
地元の中学でトップになることと、堀川高校でトップになることは難易度が全く違うのです。
とにかくそういう環境で新たな競争が始まります。
そして、その熾烈な競争を勝ち抜いた堀川高校のトップ10人くらいが東京大学に進学します。

東京大学に進学しても、同じように高校時代にトップだった人たちが同級生になるのです。
その中でもまた「あいつはデキる」「あいつはデキない」と評価されていくんですね。

東京大学でも上位を保って、例えば官僚とかになったとしても同じなんです。
「あいつはデキる」「あいつはデキない」と評価されていくんです。


わかりますか?
「偉くなる手段」として勉強を捉えてしまうと、この競争から一生抜けられなくなるんです。
その以前に、この競争に勝ち続けることはほぼ不可能です。







《我慢してる奴は好きでやってる奴に勝てない》

世の中には一定数、「好きで勉強している人」が存在します。
上位の学校には結構いますね。
テストがあってもなくても、「知りたいから勉強してるんだ」という層が存在します。

そういう人はセンスがあるというだけでなくシンプルに勉強量が多いですから、当然勉強ができます。

この人たちに努力や根性で勝とうというのは少々無謀です。

自分はやりたいことを我慢してやりたくない勉強をする。
一方で楽しんで勉強している奴がいる。

どっちが先にギブアップするかなんて明らかです。
彼らには辛いことを我慢しているという感覚が無いので、人より沢山勉強してもさほど疲れないのです。

だから小見出しの通り、”我慢してる奴は好きでやってる奴に勝てない”のですね。






《大学側もガリ勉を求めていない》

入試問題を見れば、大学側が欲しい人物像がなんとなく見えてきます。

大まかな傾向ではありますが、難関大の問題って結構遊び心があったりするんですよね。
教科書やよくある問題集にあまり載ってないような、斬新な設定で出題してくることがあります。
「こんなの習ってないよ!!!」って一瞬思うのですが、切り込み方さえ見出せば案外教科書通りの公式が使えたりするんですよね。
形的には斬新なんだけど、内容は基本に忠実というか。
公式を暗記するんじゃなくて、その公式の根底にある発想を汲み取れているかを問われています。

これは、「パターン暗記しかできない人間はいらない」というメッセージでもあるんですね。
記憶力検査をしてるんじゃなくて、情報のその奥にある本質を捕えられるのかということを向こうは問いたい訳です。

そういうテストをクリアするためには当然、そういう情報のその奥にある本質を捉えるような練習を普段からしておかなければならないのです。

それはガリ勉で身に付くものではなくて、普段から「これはどういうことだ」「もっと知りたい」という気持ちを持っていないと身に付きません。
遊び心や好奇心を学問に展開させていくことが結局は一番の近道なのです。






《今、どれくらい、自分は没頭しているか》

自分が本当に「知りたい」「調べたい」と思っていることに関しては、勉強しても疲労を感じません。
僕は小さいころミニ四駆が大好きで、「どうしたらもっと早く走らせることができる?」と考えた末にモーターの回路やタイヤの摩擦、重心の位置といったことを熱烈に調べていたので、高校でも物理が得意でした。

我慢しているという感覚もないのでいくらでも勉強できるんですね。

結局、自分が没頭していることに関しては我慢をせずに努力ができますし、そうやって得た知識は記憶にも残ります。そして理解の深さも違います。

没頭して脳ミソをフル回転させることで知識がつくだけでなく、いわゆる「地頭」と言われる論理展開や瞬発力も強くなっていきます。

何時間勉強したとかじゃなくて、どれだけ没頭できるのかということがカギになってくると思います。




《おわりに》

ここまで言ってきたことをまとめると、「将来のためなんかじゃなくて今楽しくて勉強している奴が結局は強い」ということです。
だからもう答えは見えています。
知的関心・好奇心を持たせること、そうさせるような環境を作ること、そして保護者さん自身んが知的好奇心を持つことが大切です。
子供は親の言葉以上に背中を見ていますよ。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
感想や質問は下のコメント欄にお願いします。
それではまた!


このエントリーをはてなブックマークに追加


こちらもどうぞ↓
苦手科目を克服する方法。好きこそものの上手なれ
アクティブラーニング?知識も無いのに議論するの?
一夜漬け?追い込み?頑張り方間違ってるよ
教師だって学びの途中!”学び合い”の場をつくろう
出来るかどうかわからないのに努力することは難しく、そして尊い
暗記の”その先”へ。記憶を定着させて広く深い知識をつける方法
楽しく効率よく勉強する方法。効率性と面白さはトレードオフなのか

















































こちらもどうぞ↓









コメント

このブログの人気の投稿

大学中退して気付いたメリット・デメリット

アクティブラーニング?知識も無いのに議論するの?

なんか最近大学が楽しくなってきた