言葉は現実になる。認知的不協和を利用して自分を変えよう




こんにちは、こんばんは。
思春期おじさんです。

例えばの話ですけど、自分はそれほど嫌いでもない人の悪口を友達が言っていて、その話に合わせているうちに自分もだんだんその人のことが嫌いになっていってしまう・・・
っていう感じ、なんとなくわかりますかね?

似たような事例は結構ある気がします。

この現象、心理学的には認知的不協和が原因の一つであると言われています。



《認知的不協和》

認知的不協和とは、自分の中で矛盾する二つの認知を同時に抱えると不快な気持ちになるというものです。
冒頭の例でいえば、「悪口に合わせてしまった事実」と「その人のことをそれほど嫌いでもないという感覚」が矛盾してしまっているのです。

そして、「悪口に合わせてしまった事実」の方は変えることができないので、自分の感覚の方を変える(本当に嫌いになってしまう)ことで事実関係に整合性を持たせて不快感を解消するのです。



《酸っぱいブドウの話》

イソップ童話に酸っぱいブドウの話がありますね。

お腹を空かせた狐は、たわわに実ったおいしそうな葡萄を見つけた。食べようとして懸命に跳び上がるが、実はどれも葡萄の木の高い所にあって届かない。何度跳んでも届くことは無く、狐は、怒りと悔しさから「どうせこんな葡萄は酸っぱくてまずいだろう。誰が食べてやるものか」と負け惜しみの言葉を吐き捨てるように残して去っていった。

というものです。

これも認知的不協和で説明できますね。
「おいしそう、食べたい」という気持ちと「何度跳んでも届かない」という事実の間にズレが発生しています。
届かない事実は変えることができないので、気持ちの方を変えてしまったのですね。



《ここから学ぶことは》

イソップ童話はあくまでフィクションですが、似たようなことは僕たちも結構やっているんじゃないかと思います。
卑近な言葉でいえば「負け惜しみ」みたいなこと、ついやってしまいます。

ダメだよね、良くないよね、という話ではなくて、このような心の働きがあるからこそ過剰なストレスを抱えずに生きていけるという考え方もできます。
毎回毎回「クソッ、ブドウが取れない!」といった感じでまともに悔しがっていたら、精神がもたないですよね。

なので、「そういうこともあるんだ」くらいの気持ちでいいと思います。
それくらいの方が余分なストレスを抱えずにすみますね。

ただ、もう一歩踏み込んでこの認知的不協和を有効に利用する方法も考えておきましょう。



《消せない事実があることで気持ちがそちらに向かう》

この認知的不協和の理論は、二つの異なる認知を抱えたときに起きる不快感です。
そしてその不快感を解消するためにどちらかを打ち消してもう一方に摺り寄せることで整合性を持たせる訳ですが、大抵の場合は変えようがない事実の方に寄せていきます。

人を嫌いになる例でも、酸っぱいブドウの例でもそうでしたね。

そうであるならば、自分にとって望ましい事実を先に作っておくことで、思考や行動がそちらに向かうのです。
「僕は今こんなことを頑張っているんだ!」
と周りに言ってしまうことで、頑張らない自分に対して不快感が生じるのです。

これから頑張ろうとしていることに対して消せない事実を作ることで、本当に頑張らないと気が済まなくなるのです。

※ただし、あまりこれをやり過ぎるとキャパシティオーバーになってしまいます。自分の体力や時間は考慮しましょう。




《予言の自己成就》

予言の自己成就という言葉があります。
たとえ根拠のない予言(=噂や思い込み)であっても、人々がその予言を信じて行動することによって、結果として予言通りの現実がつくられるという現象のことです。

例えば、ある銀行が危ないという噂を聞いて、人々が預金を下ろすという行動をとることで、本当に銀行が倒産してしまう、というものです このような社会現象のメカニズムを、アメリカの社会学者マートンは「予言の自己成就」と名付けました。

これは社会心理に関する理論ですが、個人に当てはめても似たようなことが起きると思います。

サッカー日本代表の本田圭佑選手も、学生時代にその学校のレギュラーですらなかったにも関わらず「プロになってワールドカップに出る」と言っていたらしいですね。
学校のレギュラー争いも勝てなかったらワールドカップは無理だ、と普通は思うのですが、でも実際に本田選手は3回もワールドカップに出場してゴールも決めているのですから、誰も文句は言えないですよね。
まさに予言の自己成就をやり切った人だと思います。




《やりたいことはやりたいと言おう》

こうして考えると、やりたいことはやりたいと、ちゃんと言葉にした方がいいですね。
こんなことがやりたいんだと言って、その為に努力する。
カッコいいじゃないですか。

言葉にすれば行動も変わる。
これを上手く利用していけば、少しずつ自分を変えることができます。

「出来るって言って出来なかったら恥ずかしい」
なんて考えているうちは出来ないと思います。

「出来るかどうかはわからないけどやりたいんだ。そのために努力してる」
というくらいの勢いがある方が前向きでいいですね。

まあ実際問題として、「頑張ったけどできなかった」みたいなことも頻繁にあるのですが、まあその時はその時ですよ。
別に命まで取られる訳じゃない。

言葉にしていきましょう。


《おわりに》
認知的不協和の話からだいぶ派手に展開してしまいましたが、いかがでしょうか。
感想や質問は下のコメント欄にお願いします。
最後までお読みいただきありがとうございます。
それではまた!


こちらもどうぞ↓
サッカー香川真司選手に学んだ生き方のヒント
人生の大半は意味のないものでできている
学び直し政策とは?いや、その言葉自体がおかしいでしょ
学校と家庭の連携?ふざけるなよ!子供を潰す気か!

《教育系》












《社会系・人生系》









《経済系》






《ニュース系》






《その他》








こちらもどうぞ↓










コメント

このブログの人気の投稿

大学中退して気付いたメリット・デメリット

なんか最近大学が楽しくなってきた

ベーシックインカム~機会の平等と結果の平等~