投稿

8月, 2018の投稿を表示しています

知識は無駄にならない!安直な「反・詰め込み」も問題

イメージ
こんにちは、こんばんは。 思春期おじさんです。
教育政策の歴史を辿っていくと、やれ頑張れと言ったり、詰め込みはダメだゆとりが大事だ、ゆとりは失敗だ学力低下だ、と右往左往しています。
2020年の入試改革においても、知識偏重を改めて発想力や表現力を測る記述形式になるのだとか。
それ自体は素晴らしい取り組みですし、ドンドン良い入試問題を考えていけばいいと思うのですが、それによって「詰め込みはダメだ」「これからは知識は必要ない」と考えてしまうのは大いに問題だと思います。
詰め込みがダメなのは、訳も分からず詰め込むのがダメなのであって、理解してインプットした知識であれば多いほど良いです。
「最近は何でも検索したら出てくるから知識なんていらない」という極端な人もいますが、僕はそうは思いません。 やはり自分で苦労して知識を身に付けるという経験は大切ですし、スマホを取り出して取り出して検索しているより事前に知っている方がスピーディーでもあります。 いつでもネットワーク環境があるとも限らないですし、スマホが故障する可能性もあります。
ある程度は知識を入れておくのが得策でしょう。

《あのツイートは》
頭の良い人と悪い人のものの見方の違いというのが一時話題になりました。


これができたら頭がいい、できない奴は頭が悪いという単純なものではないと思いますが、一側面は捉えていると思います。
連想の速さももちろんですが、連想するには事前に知識を持っていることが絶対条件です。 そもそも万有引力の法則の逸話を知らなければリンゴと万有引力が結びつくこともない訳です。 その場で調べていたのでは間に合いません。
知識を持っているのが前提で、更に臨機応変に引き出すことができるから「この人は頭がいい」と思われるのです。


《分析能力に差がつく》
例えば旅行に行ったとして、そこで見る建物や風景に対して何を思うでしょうか。
「すごい」「綺麗」「迫力」 といった感想で終わる人が多い一方で、様々な分析を試みる人もいます。
地理や歴史に詳しい人であれば、何時代にこんなことがあってそれからこの地域ではこんな産業が盛んで・・・とか 建築に詳しい人であれば、この建物は○○方式で・・・とか 経済学や経営学をやっている人であれば、この産業の付加価値は、流通経路は、減価償却は・・・とか そういった事を考え始めるのです。
そんな旅行楽しいん…

言葉は現実になる。認知的不協和を利用して自分を変えよう

こんにちは、こんばんは。 思春期おじさんです。
例えばの話ですけど、自分はそれほど嫌いでもない人の悪口を友達が言っていて、その話に合わせているうちに自分もだんだんその人のことが嫌いになっていってしまう・・・ っていう感じ、なんとなくわかりますかね?
似たような事例は結構ある気がします。
この現象、心理学的には認知的不協和が原因の一つであると言われています。


《認知的不協和》
認知的不協和とは、自分の中で矛盾する二つの認知を同時に抱えると不快な気持ちになるというものです。 冒頭の例でいえば、「悪口に合わせてしまった事実」と「その人のことをそれほど嫌いでもないという感覚」が矛盾してしまっているのです。
そして、「悪口に合わせてしまった事実」の方は変えることができないので、自分の感覚の方を変える(本当に嫌いになってしまう)ことで事実関係に整合性を持たせて不快感を解消するのです。


《酸っぱいブドウの話》
イソップ童話に酸っぱいブドウの話がありますね。
お腹を空かせた狐は、たわわに実ったおいしそうな葡萄を見つけた。食べようとして懸命に跳び上がるが、実はどれも葡萄の木の高い所にあって届かない。何度跳んでも届くことは無く、狐は、怒りと悔しさから「どうせこんな葡萄は酸っぱくてまずいだろう。誰が食べてやるものか」と負け惜しみの言葉を吐き捨てるように残して去っていった。
というものです。
これも認知的不協和で説明できますね。 「おいしそう、食べたい」という気持ちと「何度跳んでも届かない」という事実の間にズレが発生しています。 届かない事実は変えることができないので、気持ちの方を変えてしまったのですね。


《ここから学ぶことは》
イソップ童話はあくまでフィクションですが、似たようなことは僕たちも結構やっているんじゃないかと思います。 卑近な言葉でいえば「負け惜しみ」みたいなこと、ついやってしまいます。
ダメだよね、良くないよね、という話ではなくて、このような心の働きがあるからこそ過剰なストレスを抱えずに生きていけるという考え方もできます。 毎回毎回「クソッ、ブドウが取れない!」といった感じでまともに悔しがっていたら、精神がもたないですよね。
なので、「そういうこともあるんだ」くらいの気持ちでいいと思います。 それくらいの方が余分なストレスを抱えずにすみますね。
ただ、もう一歩踏み込んでこの認知的…