投稿

7月, 2018の投稿を表示しています

サッカー香川真司選手に学んだ生き方のヒント

イメージ
こんにちは、こんばんは。


先日のワールドカップ、本当にワクワクしました!
惜しくもベスト8進出とはなりませんでしたが、僕が以前から好きだった香川真司選手や柴崎岳選手も活躍していて大変見応えがありました。
そんな代表選手たちの熱いプレーに触発されて、僕も色々なことに精力的に取り組んでいる訳であります。
そのワールドカップを見ている中で、「あ、これは・・・」と感じるところがあったので、書いておこうかなと。

「香川真司選手に学んだ」といっても、ただテレビで日本代表の試合を見ていて思うところが有ったというだけの話なのですが、自分のための備忘録として一応記事にしておきます。


香川選手といえば言わずと知れた、サッカー日本代表の背番号10番です。 ドイツのドルトムントやイングランドのマンチェスターユナイテッドでもプレーした日本トップクラスの選手です。 外国人の知り合いに「日本のサッカー選手知ってる?」と聞いてみると、「シンジカガワは知ってるよ」という答えが返ってくることもしばしばです。

僕は彼のプレーが好きなのですが、はて、と思うことがありました。 確かに香川選手は日本を代表するプレイヤーだけあって、ドリブルもパスもシュートも高い技術を持っているとは思うのですが、 何か物凄く強烈な必殺技を持っている訳ではないんですね。 物凄く強いミドルシュートを打つとか、物凄いドリブルで相手ディフェンス陣をズタズタにするとか、そういうプレイヤーではありません。

それでも香川選手は日本の10番なのです。
メッシ選手やネイマール選手とは異なる10番の在り方なのです。
これが僕にとって非常に興味深いものとして映りました。




《香川真司のすごさ》

香川選手のプレースタイルは「周りを動かしつつ自分も動いてゲームを作る」というものですね。

味方が動いてできたスペースに入ってパスを受けたり、そこからサイドに展開したり、香川選手に釣られて浮いてきたディフェンスによってできたスペースを使ったり、そういったプレーができる人です。
特にボールを受けに行ったり、孤立した見方のサポートに行ったりといった動きはとてもいいですね。
特筆すべきは、この連動が上手くいっている時は個人の能力以上の強さが発揮されているところです。 香川選手の個人技による仕掛けでは突破できないディフェンスラインを突破できるところです。
香川選手がいることで味方選…