学校と家庭の連携?ふざけるなよ!子供を潰す気か!




こんにちは、こんばんは。
思春期おじさんです。

近年、教育における学校と家庭、或いは塾なんかも、連絡を密にして連携して子供に接するのが大切だとされています。
確かに親と先生とが全然違うことを言ってきたら子供は混乱します。
何を信じたらいいんだ?
となることでしょう。
だからしっかりと連携を取って一枚岩の教育を実施するべきだという主張は至極真っ当であるという気はします。

ですが、タイトルからも想像がつくと思いますが僕はこの考え方に疑問を持っています。
親や先生の言うことをすんなり受け入れられる人はそれでもいいかもしれません。
でも、「なんか違うな」「そういうことじゃないよな」と思ってしまう子はどうしたらいいでしょうか。



《親とは、先生とは、大人とは》

例え親子であっても別の人間です。
どんなに長い時間一緒にいても、どれだけ大切に思っていても、感情や価値観はどうしても異なっていきます。
もちろん人間として当然守るべきこと(暴力はいけない、人のものを取ってはいけない、約束を守る、等)は親がしっかりと躾をするべきだと思いますが、社会的な価値観は親子であっても違って当然だと思います。


先生も同じです。
確かに先生は学習面では生徒・児童よりかなり進んでいますし、人生の先輩でもあります。
尊敬すべき相手ではあると思います。
しかし、人間として根源的に立場が上かというとそんなことはありません。
生まれつき偉いということは無いのです。
いつもいつも正しいことを言える訳でもありません。
そもそも「正しいことって何?」という話ではあります。

そう考えていくと、親も先生もいつでも子供の為になることを言える訳ではないのです。


当然ですが、大人たちは親切のつもりで子供に声を掛けます。
「勉強をしなさい」
「宿題はやったのか」
「この偏差値ならこの学校だな」
「そんなの社会では通用しない」
「世の中そんなに甘くない」
「もっと現実を見ろ」
・・・・・・・
こういった言葉は別に意地悪をしようというのではなくて、基本的に子供の為を思って発されます。
(傷つけようとして言っている人はもう問題外なのでここでは触れません)



《子供だってわかっている、それでも》

子供だってそれくらいわかっています。
反抗的な態度をとっていても、心のどこかではわかっているのです。

でもそれがとてつもなく重荷に感じてしまう場合もあります。
頭では分かっていても感情が受け付けない場合というのがあるものです。

反抗できる場合はまだいいです。
思いをぶつけ合った先に何かがあるかもしれません。
反抗できない場合はどうしたらいいでしょう?
鬱屈とした思いを抱えながら日々を過ごすことになります。



《誰だってそうだろう》

きっと誰だって人に言えない思いはあると思います。
それは大人も子供も、みんなそうでしょう。

自分の少年時代を思い返しても、

親には言ってないけど先生には言えること
或いはその逆
保健室の先生にしか言っていないこと
何故か用務員のおじさんに話してしまったこと
友達のお父さんとの秘密

そういった事が沢山ありました。

誰だってあるんじゃないですか?
いつも誰に対しても同じ悩みを打ち明けてきましたか?
いつでも親や先生を信頼してきましたか?
親や先生は納得できる答えを示してくれましたか?



《色んな大人がいて何が悪い》

いつでも正しくあれる訳じゃないんですよ。
親にも言えないことがあるんですよ。

それは悪いことですか?
欠陥人間ですか?

やれ連携だ、やれ一枚岩教育だ、地域共同だ、って周りの大人たちがみんな似たようなことを似たような表情で言ってきたら、もうどうしたらいいんですか。
その価値観を受け入れられない人はどうしたらいいんですか。

そんなことしてたら子供の心が壊れますよ。


子供なりに言えないことがあって何が悪いんですか?
違う人に違う相談をして何が悪いんですか?
色んな大人が色んな事言って何が悪いんですか?
それでいいじゃないですか。

一時的に混乱しても、子供なりに自分の答えを見つけます。
そして子供が自分なりに真剣に考えられるように周りは見守るのです。



《もっと余裕を持ってくれよ》

思うに、一枚岩の連携教育の根底には「支配欲」があるんですね。
「支配」は言葉が悪いですけれど、影響欲とでもいいますか。
大人のコントロールの効く場所に子供を置いておきたい。
それは空間的な場所だけじゃなくて、心理的に。

自分の影響を受けるところにいて欲しい。
勝手に大きくならないでほしい。
親も先生もそう思っているから、連携して頑張りましょうとなるのではないかと思っています。

でもそれは自信の無さです。余裕の無さです。
子供が本当に信頼している人であれば、普段は連れない態度を取っている子供でもいざとなったらその大人を頼ります。

大人だって子供を信頼して待っていればいいのです。

それが出来ないのは自信がないからです。
だから毎日確かめたくなる。
自分の言うことを聞いてくれるか。反抗しないか。自分の思った通りに育ってくれるか。
確かめないと不安なのです。


《終わりに》
最後まで読んでいただいてありがとうございます。
反論も沢山あるかと思いますが、頂いたコメントやメールは全て読んでおります。
今回もご意見ご感想を頂けると幸いです。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
それではまた。


こちらもどうぞ↓
結局僕は何がしたかったのか
『君たちはどう生きるか』の再ヒットに見る現代社会
どうして学校へ行かなきゃいけないんだ?学歴を積めば安心?


《教育系》











《社会系・人生系》









《経済系》






《ニュース系》






《その他》








こちらもどうぞ↓

コメント

このブログの人気の投稿

大学中退して気付いたメリット・デメリット

なんか最近大学が楽しくなってきた

ベーシックインカム~機会の平等と結果の平等~