2017年11月16日木曜日

人生のレールを踏み外した!でも大丈夫、まだやれる






こんにちは、こんばんは。

以前の記事
でも紹介した通り、僕は大学中退&精神病患者というレッテルを貼って生活することになりました。


当然仕事を探すという段階になって大変苦労することとなりました。
(2社内定があったのですが残業代などの面で条件が折り合わずお断りさせていただきました)


今ではあまり気にしてはいませんが、社会性がない、ヘタレだというような意味合いの事を何度も言われました。


傷ついたというよりは、驚いたことが多かったです。
社会人の中にもいろんな人がいるんだなということに。

そんな言う!?ってくらいボロクソにされることもあれば、受け入れてもらえることもある。

とはいえやはり、苦労する場面の方が明らかに多い。
依然としてレールを外れた人間、普通の人と違うことを考える人間というのはどうしても社会に溶け込めない。






《じゃあレールを外れたら取り返しがつかない?》

ここからが本題なのですが、溶け込めないからといって自信を失う必要はないと思います。
いくらでも取り返せる。
むしろ取り返すというよりは、新たに自分を作り直すチャンスです。


僕は鬱病になり、いろんな薬や治療法を試しました。
上手くいったり、いかなかったり、紆余曲折があったのですが、一旦自分に合うものが見つかってしまうと意外と「こんなもんか」という感じでした。


今でも目眩がしているのですが、そんなことは些細な問題。
立って歩けるだけ幸せというものです。

今でも睡眠薬がないと寝られませんが、それも些細な問題。
飲めば寝られるんだから、それでいいじゃん程度のことです。


一日何回か、数㎎の薬を飲むだけで表面上普通に生活しているように見えるんだから、人生楽勝です。


もちろんすぐにこういう考え方ができるようになった訳ではありません。
絶望感に打ちひしがれていた時期が結構長かったです。

でも今は、上記のようなことを割と本気で思っていますから、多分ハイパーポジティブ人間なんだと思います。


むしろ、落ちぶれている人間は努力が足りないと陰で小馬鹿にしていた以前の僕より遥かに人間的で柔軟な価値観を持てるようになったと思います。

レールがあるのに無理に外れる必要は全くありませんが、少なくとも僕にとっては必要で必然的な挫折だったと思います。

《レールから外れたらしたらいい?》

世間的に王道とされているルートから外れてしまう方もいると思います。
僕のように学生時代かもしれませんし、働き始めてから思い切った退職をする方もいると思います。精神疾患になる可能性だって誰にでもあります。



そんなときは、まずは自分にできることを一つずつやりましょう。

早起きして新聞を読むでもいいし、仕事でも趣味でも○○をできるようになるとかでもいいです。


そうして自分にできることを少しずつ増やしていきましょう。
自信を積み重ねていきましょう。

それが世の中的に全くすごくないことであったとしても、過去の自分ができなかったことをできるようになる、ということに意味があります。


世の中の優秀な人と比べて自信を失うのはよくないです。

僕は中学高校のころ数学が得意でしたが、「アインシュタインよりは凄くない」と言われたら「お、おう…」となってしまいます。


それではますます自信を無くしてしまうので、自分の中での成功を大切にしましょう。

※ただしある程度能力が上がってきたら、高いレベルを見ることも大切です。今はその準備段階の話ですね。

《本当に怖れるべき相手は…

一番怖いのは、自分の心が完全に折れてしまうことです。
心を絶望に食い尽くされることが一番の敵です。

より具体的に言えば、「未来がイメージできないこと」「夢を描けなくなること」が一番怖いです。
これは大いに自戒の念を込めて書いています。


僕もいつ何のきっかけで心が折れてもおかしくない状況です。
(いつケータイが止まるかとビクビクしながら働いています笑)

「失われた20年」で経済成長以上に失ったのはこの「未来を描く力」ではないでしょうか。



だからこそこんなにも生き辛い。
幸せの形がイメージできない。
つらいことが我慢できない。

我慢の先に何があるのかわからないから。


そんな状況でも何かポジティブな面を見つけて未来を描くことが今の僕たちに必要なことではないでしょうか?

日本国憲法に生存権が明記されている以上、貧しくても生きていくことは可能です。
でも絶望に喰らい尽くされたら生きていけない。

身の周りから少しずつ、希望を取り戻していきましょう!


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
それではまた!

価格:907円
(2017/11/21 11:36時点)
感想(6件)

価格:432円
(2017/11/21 11:36時点)
感想(0件)

こちらもどうぞ↓
幼馴染と約10年ぶりに再会して涙した話



















0 件のコメント:

コメントを投稿