お金の使い方を考える

こんにちは、こんばんは。

今日はお金の話です。
とはいっても別に下衆な話をする訳ではなく、当たり前のことを再確認しようというだけなので気楽に読んでください。



お金を貯めたいと思っている方、結構いるんじゃないでしょうか。

買いたいものがある、将来のため、取り敢えず貯めたい、など理由は人それぞれだと思いますが、貯金はあるに越したことはないでしょう。
では貯金を増やすにはどうしたらいいでしょうか。



究極的に単純化すれば、

1、収入を増やす
2、支出を減らす

この2点に集約することができます。


まずは収入を増やすことについて。
これは容易ではないでしょう。
今の職場で基本給が突然倍になるというようなことは考え難いですし、残業や副業をするにしても時間と体力には限界があります。
頭の良い人なら株や証券取引で稼ぐこともできるのでしょうが 、大抵の人は失敗します。




なので今回は支出や消費行動について考えていきたいと思います。





絶対額で考えられるか》

絶対額で考えるとは、割合で考えるのではなく、金額そのものを見ようということです


簡単な例を挙げます。

いつもは100円で買っていたものが、ある日突然200円に値上がりしたとしたらどうでしょうか。

めっちゃイヤですよね。
僕もイヤです。(僕はセ○ンイレブンのコーヒーをよく買います。)
100円も値上げするなんて酷いと思います。
なんて言ったって2倍になっているのですから。
不満も募るというものです。



では、いつもは100万円の車が、ある日突然101万円に値上がりしたらどうでしょうか。

これは案外受け入れてしまう人が多いと思います。
割合で言えば1%しか変わっていないですしね。
何より100万円という、普段使わないような大金を動かすことで金銭感覚が狂ってしまい、「100万まで来たら101万円も一緒やろ」という気になってしまいます。
(行動経済学的に言えばプロスペクト理論における参照点の変化として説明できるのですが、話が逸れてしまうのでまたの機会とします。)




でも落ち着いて考えてみてください。
100円の値上げで文句を言っていた人が、1万円の値上げをさほど気にしないというのはおかしくないですか?


僕の言いたいことがわかっていただけましたでしょうか。

つまり、長期的に支出を抑えようと思ったら、大きな買い物の時にこそシビアに考える必要があるんです。
数%のズレでも絶対額がかなり変わってきますからね。








《「コスパ重視」は正しいか》

消費行動ではコスパを重視すべきだ、という方は結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。
コスパとは、コストパフォーマンスの略で、費用対効果、支出した費用とそれによって得られたものとの割合のことです。(ここで言う効果とは、満足の度合いという程度の意味で理解していただければ大丈夫です。)

「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、いくら安く購入できたとしても極端に品質の悪いものだったとしたら、それは「コスパが悪い」ということです。

逆に、少々値が張ったとしても、大変満足のいくものが購入できたとすれば、「コスパが良い」ということです。

安くて品質も良ければ更に嬉しいですよね。

確かにコスパを基準に消費行動を考えれば上手にお金を使うことができそうです。

でも僕はこの考え方を無条件に持ち上げるのは少々危険ではないかと思います。




僕の母の話をします。

先日母が携帯音楽プレイヤーを買ってきました。
始めは8GBのモデルを考えていたそうなんですが、店員さんに「数千円プラスするだけで容量2倍の16GBにできるのでコスパがいいですよ」と言われてそちらを購入したようです。

「持ってるCD全部これに入れたいからやり方教えて」と言うので教えていたのですが、途中で気付いたことがありました。
20年近くにも渡って母が買い集めたCD。その全てを、どんなにビットレートを上げてプレイヤーに転送したとしても、2GBも使わないんです。
この先もCDは買うとしても、死ぬまでに16GBを埋めることはないと思います。

数千円プラスするだけで容量2倍という店員さんの言葉には何一つ嘘はありません。
でも母にとってはコスパ云々以前に、そもそも16GBも必要なかったんです。
つまり、そのプラスした数千円は全くの無駄ということになります。




何が言いたいのかというと、「コスパについて語っていいのは、その効果を正しく評価できる人間だけだ」、ということです。



具体的に言えば、自分の詳しくない分野についてはコスパのことは考えない方がいいでしょう。

僕の場合では、美術品の価値がわかりません。
絵を見ること自体は好きなんですが、どれくらいすごいのかというのはさっぱりなんです。
ものによっては何億円もする絵画なんかもあるようですが、本当にそれだけの価値があるのかを判断することはできません。
「こんな凄い絵がこの値段なんて、絶対得だよ!」と言われても本当に得なのかどうかわからないんです。



コスパによって買うかどうかを判断する場合は、自分がそれを買ったことで得られる効果を正確に評価できるかどうかを考えてみてはどうでしょうか。








《「塵も積もれば山となる」のか》

「塵も積もれば山となる」という言葉がありますが、毎日コツコツと節約をすれば大金が貯まるでしょうか。

例えば一日100円節約したとして、一年で36500円貯まりますよね。
これをどう感じるかは人それぞれですが、僕の感覚で言えば結構な額だなと思います。
(でもコーヒーを買うのを止めるかと言われれば、それはちょっと…という感じです。笑)

僕ならもっと大きな支出を抑えることを考えます。

「コツコツ貯めてパーッと使う」派の人の気持ちもわかるのですが、そのパーッと使うをどれくらいパーッと使うのかはじっくり考える必要があると思います。





僕の友人に、ディズニーランドが大好きな人がいます。
僕はお金云々以前にテーマパークの雰囲気が苦手なので誘われても行かないのですが、とても楽しいのだそうです。
日頃はコツコツと節約して、パーッと遊ぶみたいですね。



例えば一年に一回ディズニーランドに行くとしましょう。
(実際彼女はもっと行っているのですが笑)


園内で使うお金だけでも結構かかります。
それに僕は関西の人間なので、交通費も必要ですし、せっかく行くのなら日帰りってのもなんだかなぁと思うと宿代や食事代もかかりますよね。
東京まで行ったのならディズニーランド以外どこにも行かないというのももったいない気がするので多少は観光もするでしょう。
お土産を買ったりもするかもしれませんね。

そうなるとざっと5万円くらいでしょうか。

これを高いと思うかどうかは個人の判断によるものなので何とも言えませんが、少なくとも一日100円節約した程度では絶対足りません。


そう考えると塵が山になるのを待っているよりはパーッと使うのを我慢した方が手っ取り早そうです。


とは言ってもパーッと使う場面がないとやってられないというのもよくわかるんです。
楽しい仕事なんて滅多にありませんから、そういったストレスの発散も必要でしょう。
僕だって欲しい物の一つや二つはありますし、その為に頑張ろうという気にもなります。


でも無限にお金が湧いてくる訳ではないので、これは自戒も含めて、やはり自分の稼ぐ力との折り合いをつけることが重要でしょう。


ここでもやはり気をつけるべきは、その消費行動によって自分がどれほどの効果を得られるのかをきちんと判断することではないでしょうか。
浪費をすること自体がストレス発散になる人には何も言いませんが、そうでない人には、その出費に見合うだけの満足が得られるのかを冷静に判断する眼が必要だと思います。





《まとめ》
お金という極めて客観的かつ絶対的な価値を持つと考えられるものでも、実は結構個々の人間の「主観」によって意味合いが変わってくるよ、ということが伝わりましたでしょうか。
使い方は人それぞれですし、使ったことによる満足度も人それぞれです。
個々人が自分に合ったお金の使い方を見つけるしかないということです。
問題があるとすれば、自分にとってのベストというものが月日を経るごとに変わってしまうということでしょうか。
自分の年齢や収入、人間関係、環境などによって今までベストだと思っていたものがベストでなくなるということは容易に想像できます。
必要なのは考え続けること、探し続けることではないでしょうか。



僕も読者の皆さんも、金銭的にも精神的にも豊かな生活が送れることを切に願っております。
ほんの少しでもその助けになれれば幸いです。





お金をテーマに書き始めると考えるべきことが沢山出てきてしまって本当はもっと話を広げていきたいのですが、収拾がつかなくなりそうなのでこの辺にしておきます。
熟考の余地がありそうですのでまたそのうち書ければと思います。





最後まで読んでくださった方、本当にありがとうございます。
感想やリクエストなどはコメントにお願いします。


それではまた!

質問をしない生徒たち~学校外教育の在り方は~

話す時どもってしまう…「吃音」の苦しみとは?治るの?

「黒染め指導」に見る秩序とは。ルールは合理性あってこそ

義務教育は変われないのか~集団授業はもはや成立しない~

2016年流行語「保育園落ちた日本死ね」を日本語文法的に厳密に解釈してみたwww

人生のレールを踏み外した!でも大丈夫、まだやれる

あまりに受け身な生徒たち~アクティブラーニングの可能性は~

生きるのが難しい人にオススメ!「人生は演劇だ」

バイアスってなんだ!?~ド素人の僕と学ぶ心理学~

文系だから数学苦手?本当にそうですか?

社会学の入門書を独断と偏見で評価していく記事

ベーシックインカム~機会の平等と結果の平等~

シャッター商店街を守れ?~政策課題と問題設定~

濫立する個別指導塾の実態を暴く記事

コメント

このブログの人気の投稿

質問をしない生徒たち~学校外教育の在り方は~

大学中退して気付いたメリット・デメリット

なんか最近大学が楽しくなってきた