投稿

8月, 2017の投稿を表示しています

サミュエルソン条件について限界まで簡単に説明する

イメージ
こんにちは、こんばんは。
早速本題から逸れていくスタイルなのですが、今地元の図書館でこのパソコンと向き合っているんです。(ブログを書く以外にも沢山やることがあります。)
そしたら全然知らないおじいさんが僕のところにスーッと近づいてきて、時代劇の悪代官のようなとても底意地の悪そうな笑顔で僕に耳打ちしたんです。
「二階の方が空いてるで」
・・・普通に言ってくれ、てか誰なんだあんたは。
毎日楽しいです!笑

取扱い商品多数!スピード宅配買取【バリQ】

ここからが本題です。 皆さん、「サミュエルソン条件」ってご存知ですか? 公共経済学や公共選択論の本なんかを読んでいるとちょくちょく登場するのですが、僕はこれがとても気に入っています。


簡単に定義だけを書いておくと、
「公共財の最適な供給量は、 ∑MRS=MRT を満たす水準に決まる」

というものです。




サミュエルソン条件のここがスゴイ!
・名前がカッコいい!(「声に出して読みたい日本語」力が高い) ・なんだかすごく高度な事をやっている気になれる! ・定義がすっきりとした形をしている! ・政策立案の根拠にもなる! ・この理論を基に市場の失敗、政府の失敗やゲーム理論などの理解も深められる!



サミュエルソン条件のここがダメ!
・何を言っているのかわからない















全てのメリットを無に帰すデメリットです。 正直言って破滅的に意味がわからない。



ここで僕はびっくりするほどのポジティブシンキングを発揮します。
理解さえできればメリットだらけになる!


さあ未来は君たちのためにある 勉強しようぜ、サイレントマジョリティー







<