投稿

学校に行くことは制度に逆らわないことだ

こんにちは、こんばんは。 思春期おじさんです。

今まで色んな所で散々教育制度の矛盾を指摘してきました。 有体にいえば「クソだ!!」と言ってきました。
でも、どうやら僕が間違っていたようです。
僕が気付いた重大な事実、それは、
「多くの人間がそのクソを求めている」
ということです。
この間大学で話した子が、 「勉強したいとか楽しいとか思ったことは一度もないけど大学は楽しい!友達にも会えるしサークルも楽しいし、授業中だけ我慢してれば卒業して就職できるし!」 と言っていまして、僕には目から鱗でした。
そういう考え方もあるのか!と思うと同時に彼女のような人がマジョリティーなんだということを理解しました。
そうか、僕は大変な思い違いをしていた・・・


新しい知識の獲得、そして創造。 それが教育の本旨だとすれば、今の日本の教育界は最低レベルまで堕ちているという意見は正しいように思います。 僕はずっとそう思っていました。

でもそうじゃない。 教育、特に日本の学校制度の本旨は「波風立てずに制度に当てはまる人間を育てること」 非合理や非効率には気付かない、或いは気付いても何もせずに幻想を壊さないことが大切なんです。 そして多くの学生が知ってか知らずか進んでその役割を引き受ける。

醒めない夢は現実と同じということです。
非合理や非効率を指摘せずに皆で慣れ合う、そうして大きな混乱を回避している、それが現状だと思います。
それも政府が意図的にそうしようと試行錯誤しているのではなくて、皆が無意識のうちにそれを望んでいる。 だから変わらない。

歴史的に見てもそうですね。 束縛されると自由を求めるのですが、いざ自由になってみると何をしたらいいのかわからなくなります。 人々は誰かに従いたくなる。
従うのが「独裁者」から「世の中の常識」に変わっただけの事です。
意思決定を、それに伴う責任を、避けたいと思うのはある種自然な感情です。

でも、それでも僕は、このままじゃダメだって思ってしまうんです。 なにか少しでも変えていかないと、少しでも行動しないと、というように。 ルールがおかしいならルールを変えなければ、と。 そういうところが思春期おじさんなんでしょうけど。 でもそれが僕なんです。

ただ問題があるとすれば、「みんな一緒な感じでぬくぬくとやっていきたい」と思う人の自由を僕が侵害する権利は無い、ということですか…

知識は無駄にならない!安直な「反・詰め込み」も問題

イメージ
こんにちは、こんばんは。 思春期おじさんです。
教育政策の歴史を辿っていくと、やれ頑張れと言ったり、詰め込みはダメだゆとりが大事だ、ゆとりは失敗だ学力低下だ、と右往左往しています。
2020年の入試改革においても、知識偏重を改めて発想力や表現力を測る記述形式になるのだとか。
それ自体は素晴らしい取り組みですし、ドンドン良い入試問題を考えていけばいいと思うのですが、それによって「詰め込みはダメだ」「これからは知識は必要ない」と考えてしまうのは大いに問題だと思います。
詰め込みがダメなのは、訳も分からず詰め込むのがダメなのであって、理解してインプットした知識であれば多いほど良いです。
「最近は何でも検索したら出てくるから知識なんていらない」という極端な人もいますが、僕はそうは思いません。 やはり自分で苦労して知識を身に付けるという経験は大切ですし、スマホを取り出して取り出して検索しているより事前に知っている方がスピーディーでもあります。 いつでもネットワーク環境があるとも限らないですし、スマホが故障する可能性もあります。
ある程度は知識を入れておくのが得策でしょう。

《あのツイートは》
頭の良い人と悪い人のものの見方の違いというのが一時話題になりました。


これができたら頭がいい、できない奴は頭が悪いという単純なものではないと思いますが、一側面は捉えていると思います。
連想の速さももちろんですが、連想するには事前に知識を持っていることが絶対条件です。 そもそも万有引力の法則の逸話を知らなければリンゴと万有引力が結びつくこともない訳です。 その場で調べていたのでは間に合いません。
知識を持っているのが前提で、更に臨機応変に引き出すことができるから「この人は頭がいい」と思われるのです。


《分析能力に差がつく》
例えば旅行に行ったとして、そこで見る建物や風景に対して何を思うでしょうか。
「すごい」「綺麗」「迫力」 といった感想で終わる人が多い一方で、様々な分析を試みる人もいます。
地理や歴史に詳しい人であれば、何時代にこんなことがあってそれからこの地域ではこんな産業が盛んで・・・とか 建築に詳しい人であれば、この建物は○○方式で・・・とか 経済学や経営学をやっている人であれば、この産業の付加価値は、流通経路は、減価償却は・・・とか そういった事を考え始めるのです。
そんな旅行楽しいん…

言葉は現実になる。認知的不協和を利用して自分を変えよう

こんにちは、こんばんは。 思春期おじさんです。
例えばの話ですけど、自分はそれほど嫌いでもない人の悪口を友達が言っていて、その話に合わせているうちに自分もだんだんその人のことが嫌いになっていってしまう・・・ っていう感じ、なんとなくわかりますかね?
似たような事例は結構ある気がします。
この現象、心理学的には認知的不協和が原因の一つであると言われています。


《認知的不協和》
認知的不協和とは、自分の中で矛盾する二つの認知を同時に抱えると不快な気持ちになるというものです。 冒頭の例でいえば、「悪口に合わせてしまった事実」と「その人のことをそれほど嫌いでもないという感覚」が矛盾してしまっているのです。
そして、「悪口に合わせてしまった事実」の方は変えることができないので、自分の感覚の方を変える(本当に嫌いになってしまう)ことで事実関係に整合性を持たせて不快感を解消するのです。


《酸っぱいブドウの話》
イソップ童話に酸っぱいブドウの話がありますね。
お腹を空かせた狐は、たわわに実ったおいしそうな葡萄を見つけた。食べようとして懸命に跳び上がるが、実はどれも葡萄の木の高い所にあって届かない。何度跳んでも届くことは無く、狐は、怒りと悔しさから「どうせこんな葡萄は酸っぱくてまずいだろう。誰が食べてやるものか」と負け惜しみの言葉を吐き捨てるように残して去っていった。
というものです。
これも認知的不協和で説明できますね。 「おいしそう、食べたい」という気持ちと「何度跳んでも届かない」という事実の間にズレが発生しています。 届かない事実は変えることができないので、気持ちの方を変えてしまったのですね。


《ここから学ぶことは》
イソップ童話はあくまでフィクションですが、似たようなことは僕たちも結構やっているんじゃないかと思います。 卑近な言葉でいえば「負け惜しみ」みたいなこと、ついやってしまいます。
ダメだよね、良くないよね、という話ではなくて、このような心の働きがあるからこそ過剰なストレスを抱えずに生きていけるという考え方もできます。 毎回毎回「クソッ、ブドウが取れない!」といった感じでまともに悔しがっていたら、精神がもたないですよね。
なので、「そういうこともあるんだ」くらいの気持ちでいいと思います。 それくらいの方が余分なストレスを抱えずにすみますね。
ただ、もう一歩踏み込んでこの認知的…

サッカー香川真司選手に学んだ生き方のヒント

こんにちは、こんばんは。


先日のワールドカップ、本当にワクワクしました!
惜しくもベスト8進出とはなりませんでしたが、僕が以前から好きだった香川真司選手や柴崎岳選手も活躍していて大変見応えがありました。
そんな代表選手たちの熱いプレーに触発されて、僕も色々なことに精力的に取り組んでいる訳であります。
そのワールドカップを見ている中で、「あ、これは・・・」と感じるところがあったので、書いておこうかなと。

「香川真司選手に学んだ」と言っても直接お会いした訳ではなくて、ただテレビで日本代表の試合を見ていて思うところが有ったというだけの話なのですが、自分のための備忘録として一応記事にしておきます。


香川選手といえば言わずと知れた、サッカー日本代表の背番号10番です。 ドイツのドルトムントやイングランドのマンチェスターユナイテッドでもプレーした日本トップクラスの選手です。 外国人の知り合いに「日本のサッカー選手知ってる?」と聞いてみると、「シンジカガワは知ってるよ」という答えが返ってくることもしばしばです。

僕は彼のプレーが好きなのですが、はて、と思うことがありました。 確かに香川選手は日本を代表するプレイヤーだけあって、ドリブルもパスもシュートも高い技術を持っているとは思うのですが、 何か物凄く強烈な必殺技を持っている訳ではないんですね。 物凄く強いミドルシュートを打つとか、物凄いドリブルで相手ディフェンス陣をズタズタにするとか、そういうプレイヤーではありません。

それでも香川選手は日本の10番なのです。
メッシ選手やネイマール選手とは異なる10番の在り方なのです。
これが僕にとって非常に興味深いものとして映りました。



《香川真司のすごさ》 香川選手のプレースタイルは「周りを動かしつつ自分も動いてゲームを作る」というものですね。 味方が動いてできたスペースに入ってパスを受けたり、そこからサイドに展開したり、香川選手に釣られて浮いてきたディフェンスによってできたスペースを使ったり、そういったプレーができる人です。特にボールを受けに行ったり、孤立した見方のサポートに行ったりといった動きはとてもいいですね。
特筆すべきは、この連動が上手くいっている時は個人の能力以上の強さが発揮されているところです。 香川選手の個人技による仕掛けでは突破できないディフェンスラインを突破できるところです。
香…

学校と家庭の連携?ふざけるなよ!子供を潰す気か!

こんにちは、こんばんは。 思春期おじさんです。
近年、教育における学校と家庭、或いは塾なんかも、連絡を密にして連携して子供に接するのが大切だとされています。 確かに親と先生とが全然違うことを言ってきたら子供は混乱します。 何を信じたらいいんだ? となることでしょう。 だからしっかりと連携を取って一枚岩の教育を実施するべきだという主張は至極真っ当であるという気はします。
ですが、タイトルからも想像がつくと思いますが僕はこの考え方に疑問を持っています。 親や先生の言うことをすんなり受け入れられる人はそれでもいいかもしれません。 でも、「なんか違うな」「そういうことじゃないよな」と思ってしまう子はどうしたらいいでしょうか。


《親とは、先生とは、大人とは》
例え親子であっても別の人間です。 どんなに長い時間一緒にいても、どれだけ大切に思っていても、感情や価値観はどうしても異なっていきます。 もちろん人間として当然守るべきこと(暴力はいけない、人のものを取ってはいけない、約束を守る、等)は親がしっかりと躾をするべきだと思いますが、社会的な価値観は親子であっても違って当然だと思います。

先生も同じです。 確かに先生は学習面では生徒・児童よりかなり進んでいますし、人生の先輩でもあります。 尊敬すべき相手ではあると思います。 しかし、人間として根源的に立場が上かというとそんなことはありません。 生まれつき偉いということは無いのです。 いつもいつも正しいことを言える訳でもありません。 そもそも「正しいことって何?」という話ではあります。
そう考えていくと、親も先生もいつでも子供の為になることを言える訳ではないのです。

当然ですが、大人たちは親切のつもりで子供に声を掛けます。 「勉強をしなさい」 「宿題はやったのか」 「この偏差値ならこの学校だな」 「そんなの社会では通用しない」 「世の中そんなに甘くない」 「もっと現実を見ろ」 ・・・・・・・ こういった言葉は別に意地悪をしようというのではなくて、基本的に子供の為を思って発されます。 (傷つけようとして言っている人はもう問題外なのでここでは触れません)


《子供だってわかっている、それでも》
子供だってそれくらいわかっています。 反抗的な態度をとっていても、心のどこかではわかっているのです。
でもそれがとてつもなく重荷に感じてしまう場合もあります。 頭では…