投稿

苦手科目を克服する方法。好きこそものの上手なれ

こんにちは、こんばんは。 思春期おじさんです。
苦手科目ってどうしても出来てきますよね。 「自分は文系だから数学が苦手」 「古典なんて役に立たない」 そういった声は途絶えることがありません。
参考:文系だから数学苦手?本当にそうですか?



僕は古典が苦手でした。
逆に苦手とする人が多い理科や数学は割とできました。
はて。 苦手科目って何なんだろう。
世の中には万人に共通する”苦手科目”というものは存在しないんですね。 僕の得意科目が誰かの苦手科目だったりする。
つまりこの得意・苦手という概念に普遍性はなく、すべて個人の主観に委ねられているのです。 分かりやすく言うと、苦手科目というものは予め存在するものではなく、自分が苦手と感じた科目が苦手科目。 要は自分自身で苦手科目を作り出しているんですね。 自分が苦手と思ったものが苦手科目です。


そう思って自分の勉強を振り返ると、古典が得意か苦手か以前に、古典に対してそれほど勉強時間をあてていなかったんですね。 苦手なんじゃなくて、”努力を怠っている”
そして、どうして努力を怠ったのかと考えると”好きじゃないから”という所に行きつく。
好きじゃないから勉強しないし、勉強しないから点数が上がらない、苦手になる。苦手だから楽しくない。 シンプルな話です。

ここまで来たら苦手克服の糸口は掴めています。 要するに、好きになればいい。
基本の文法用語の暗記とかは後回しにして、面白さを感じるトピックに触れたり、この話は興味あるなというものを深掘りすればいいのです。
好きとか嫌いとか関係ない!受験に必要だからやるんだ!というようなストロングハートをもって勉強してきた方もいるとは思います。 受験の為に一直線に努力できる人は別に良いのですが、残念ながら僕はそういう人間ではないのでこれが一番でした。
具体的に言えば、徒然草ばっかりずっと読んでいました。笑 「徒然草がわかる」みたいな解説本を買って、ドジだなあ、ああこれは現代にも通ずる感覚だなあ、身に染みるなあ、などと言いながら読んでいました。 受験勉強としては最悪です。 入試に徒然草が出る確率はとても低いですから。
しかし、それによって古典に対する苦手意識はなくなり、文法用語も頭に入るようになりました。 「ここの言い回しはなんでこうなっているんだろう」と思って調べていくうちに助動詞の用法や活用形の…

【tacica】LEOの歌詞が沁みる…「丸い滑走路」とは?タイトルの意味は?

イメージ
こんにちは、こんばんは。
今日はちょっと僕が大好きなロックな人達のロックな言葉を紹介しようかと思いまして。 ロックな魂の叫びをビンビンに感じていただけたらなと思っている訳であります。
今日紹介するのはこちら! tacicaというバンドの「LEO」という曲です!
アニメ「ハイキュー!!」のエンディングテーマということでご存知の方もおられるでしょうか。 僕はこの曲を聴いて衝撃を受けました。 強く殴られたような。視界が揺らぐような感覚でした。
まずは聞いてみましょう!








ああ、良い。。。。。 良い。。。
語彙力が無くなってしまうような幸福を感じているのですが、これは「語り尽くす」ブログ。 語彙を捻り出すのが僕の仕事であります。
良さを語らせてください。


まずは歌い出し。
”丸い滑走路を 皆 飛べると信じ直走る 選り好みしないで掴んだ未来では 何か窮屈な夜”
どうです? もうすでにバリバリのビンビンじゃないですか? ロックの魂伝わっちゃったなあと。

「丸い滑走路」 このアイデアがもうすごいですよね。 よくこんな言葉思いついたなと。 アンタらの音楽追いかけてて良かったよと。

いいですか? 滑走路って普通はこうですよね?





普通に考えれば滑走路は真っ直ぐなんです。 そうじゃないと飛行機は飛べないですからね。
もし滑走路が丸かったら十分な加速が出来ず、大空に飛び立つことはできません。 無理に加速しようとすると遠心力でコースアウトです。
また、円形というのはどれだけ走っても同じところに戻ってきてしまうようになっています。
その円形の滑走路を走り続ける僕たち。 「皆」の中に僕も入っているでしょう。
毎日同じような生活をしているくせに、「いつか夢が・・・」なんて希望を抱いている僕たち。 「頑張っていればいつか報われる」と信じて毎日毎日頑張っているのですが、やっていることは結局日常の繰り返し。 「丸い滑走路」で戦っている限り、僕たちが飛び立てることは無いのです。

特別大きな熱意をもって人生を選んできた訳ではなく、なんとなく妥当な(ように見える)選択肢を選んできた僕たちが、退屈を感じてしまうのはある種当然の事なのかなと思う訳です。


僕たちが本当に大きな夢を叶える積りなのであれば、「丸い滑走路をどう走るか」ではなくて、「真っ直ぐな滑走路をどう作るか」を考えるべきなんですね。 日常の繰り返しの中で何かがパッ…

思考の枠組みを作り変えろ!リフレイムのススメ

こんにちは、こんばんは。 思春期おじさんです。

ご近所さんのエピソードを一部改変した話をします。 「何の話なんだ?」となるかもしれませんが、ちゃんとタイトルに繋がるので我慢して読んでください。



その家では「いい大学に入っていい会社に勤めること」が子供の幸せであると信じて疑わず、お子さんが小さいころから塾に行かせたり、中高一貫の私立に通わせたりしていました。
お子さんもご両親の意向に沿って特に文句も言わずに勉強中心の学生生活を送っていました。
時にはサボってしまうこともありましたが、概ねその家族は仲が良く、みんなで協力して大学受験の勉強を進めていたのでした。

本当によく頑張っていたと思います。
それでも、大学受験は失敗してしまいました。 国公立は全滅。私立も早稲田・慶応はダメで、滑り止めの私立が一校合格、という感じでした。
結局その私立には進学せずに浪人することになります。

これくらいはまあよくある話なのですが、そこからが問題です。
お母さんが家に引きこもってしまったのです。 お子さん本人以上にお母さんが落ち込んでしまいました。 お母さん自身が、誰よりも「学歴の成功」に囚われていたのです。
回覧板などの用事で訪ねても出てきてくれません。 「世間に会わす顔が無い」のだそうです。 (きっと浪人・留年・中退しても元気に出かけている僕なんかは信じがたい図太さだと思っているのでしょう。笑)
でもそうなると可哀想なのはお子さんです。 基本的に仲のいい家ですし、お子さんも優しい人柄です。 八つ当たりをすることもなく、批判の矛先は自分に向いていきます。
自分のせいでお母さんがこんなことになってしまった・・・
そんな罪の意識を抱えたままで勉強に集中できるはずもなく、ある程度予想通りではありますが二回目の受験も失敗してしまいました。




《入試に落ちたらダメ人間なのか》
思うに、この家族の中では「いい大学に入っていい企業に勤めること」を重視するあまり、それが出来なかったら終わりだ、くらいの強迫観念があったのでしょう。


でも、ご両親がそうお子さんに言い聞かせていたのは、お子さんに幸せになってほしいからのはずです。 決してお子さんを縛り付けて苦しい思いをさせるためではないのです。
学歴はあくまで手段。目的はその先にあったはずなのです。
そのはずなのにどういう訳か、「これが出来なかったらもう終わり…

一夜漬け?追い込み?頑張り方間違ってるよ

こんにちは、こんばんは。 思春期おじさんです。
自分の学生時代を考えても、塾の教え子を見ていても、一夜漬けなんて何の意味もないな、と感じます。 テスト前にはあんなに頑張ってたのに、次のテストの頃には前のテスト範囲のことを何も覚えていない。 っていうかなんならテスト当日の内にもう忘れている。 なんて子がいっぱいいます。




《とてもシンプルな事実》
今日はこれだけでも心に刻んでほしいなと思います。
”「テストに出るから覚えよう」と思って覚えたことは、テストが終わった瞬間に忘れる”
とてもシンプルですが、結構真理だと思っています。
例えばポケモンが好きな人だったら、ポケモンの名前をとても沢山思えていると思います。 全部覚えているという人もいるでしょう。
今何種類いるのか知らないですけど、1000くらいですかね? とにかく膨大な量を覚えているはずです。 名前だけじゃなくて、技やステータスなんかも覚えているかも知れませんね。
でもテスト期間に英単語を1000個覚えることはできない。 仮に覚えたとしても半分以上忘れる。
ポケモンはテストに出なくても忘れないのに、テストに出る頻出英単語は忘れる。
この違い、もうわかりますよね? ポケモンは自分が楽しくてやっているけど学校の勉強は楽しくない。 ポケモンは時間がかかってもやり切りたいけど学校の勉強はなるべく時間を掛けたくない。 ポケモンはもっと知りたい、もっと強くなりたいと思うけど学校の勉強はやらされていると思う。 これらの違いが理解の深さや知識の定着に大きな差を生みます。

一夜漬けは即効性があります。 最少の勉強時間でそこそこの点を取ることができます。
でもすぐに忘れます。 次のテストの頃にはまたやり直さなければいけないし、次のテストも同じように時間が無ければまた同じように一夜漬けで乗り切ろうとします。
しかもそういう時間のない時って、根本から理解しようとはしないですよね。 取り敢えずテストに出そうな解法をそのまま暗記しますよね。 そもそもこの公式はどうやってできたのかとか考えていたら間に合わないですから。 「意味わからんけど覚えた」という状態になる訳です。 当然そういうことはすぐに忘れます。
これを繰り返していくと、しんどい思いをした割には特に何も身に付いていないということになります。 最少時間で最高のパフォーマンスをしたように見え…